外貨預金は大手金融機関よりもネットバンクの方がお得

外貨預金は日本円をドルやユーロに交換し、預金することで「利子」を狙う金融商品です。一般的には定期預金と同じように解約のおこなえない期間が設定されていますので、余剰資金の範囲内で申し込みをすべきでしょう。ちなみに金利が高いかどうかは、交換通貨の信用性などによって変動します。トルコリラの方が米ドルよりも金利は高いですが、通貨そのものの価値も激しく値動きするため、為替差損が発生するリスクも検討しなくてはいけません。

さて、ここまでで外貨預金の大まかなポイントを紹介しました。「金利」「為替差損」の2点です。つまり外貨預金は日本円を普通預金や定期預金へ預けておくこととは違い、利子が高い半面、元本を割るリスクも抱えているのです。また取り扱い金融機関によっては、往復での手数料が高いケースも少なくありません。すなわち高金利を享受できたとしても、手数料貧乏に陥る危険性も秘めているのです。

最近ではインターネット経由で、手数料の問題は軽減できます。例えば金利優遇キャンペーンを利用すれば、通常よりも高い利子を受け取れます。またネットバンクならば、手数料も安いといったメリットがあります。よって大手金融機関から申し込みをするなら、キャンペーンの時に申し込むと良いでしょう。